2019年12月23日

床暖の虜。

人も猫も床暖を手放せない
毎日になってしまった。
毛皮を纏っているとは言え
シンガプーラは短毛種で
これからの時期は寒かろう。
だからと言って、毛繕いをする猫に
服を着せるのはやっぱり抵抗があるので
床暖は欠かせないのであ〜る。
6FD7A07B-5AF2-40EA-9846-9B3CC39B9CAD.jpeg
よって、にゃあが毎日
伸びてお〜るわーい(嬉しい顔)

だが、今年はちょっと違うのだ。
10月の増税前に
ボロッボロだったソファーを買い換えた。
前のソファーよりも
足が短いため
床との隙間がかなり狭くなった。
そして、にゃあは気付いてしまったのだ目
この隙間がとっても暖かいってことをいい気分(温泉)
476CCBB2-16CC-46EF-A8B0-EF5AC7A9953C.jpeg
手足を入れておるのだよ。

去年まではこんなことなかったから
多分、あったかいって事をわかっているんだと思う。
もちろん、にゃあだけね。

ただ、低温やけどには十分気をつけないとね。
基本、わたしたちがいる時しか
床暖をつけていないけれど
もっと寒くなってきたら
一番小さなメモリで留守番をさせる日も
あるだろうからね。

posted by ひろ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペット