2019年10月27日

1日 2ml。

ごめん、ももちゃん。
勘違いしてた(^^;;
40645963-B293-45DD-A21E-C96E999F980C.jpeg

先日からカリウム補給をしているもも。
もちろん以前からの
グリチロン錠 1回 半錠もあげている。
今朝、ものすごく大事なことに気がついた。
グリチロン錠は、朝晩の 1日 2回。
クエン酸カリウムは、朝の1回だけだったーがく〜(落胆した顔)
与えすぎだ。

まだ早い段階で気付いてよかった。
そして、ニオイがキツイため
1回で 2ml飲ませられていなかった。
薬は大事だけど
与えすぎはよくない。

ごめん、ももちゃん。

posted by ひろ at 10:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | にゃんずの病気

2019年09月26日

病院は嫌いです。

また、チクッとされたにゃ(><)
3AF439B5-992C-4A8A-AC84-0D60E5506D5A.jpeg

今回は血液採取までに
時間がかかって
うにゃうにゃと
文句を言っていたももです。

変わらず、食欲も元気もあって
引き籠ることだって、もちろんない。
自分の治療食よりも
良いカオリのする
兄ちゃんのご飯が気になって
奪いに行くほど
食欲あるのにな。
毎度裏切られる検査結果バッド(下向き矢印)
03340A8E-BB39-409C-9261-4EED7DE86DAB.jpeg
ん〜、肝機能(AST)の値が
急激に悪くなったな。
そして、血糖値も悪くなってる。
甲状腺が腫れてるかな???
って、先生が気になることを言ってたけど
そこの数値は全く持って正常値。
今回も先生を悩ます結果となりました。

もう1ヶ月、同じ飲み薬と治療食を続けて
次回の結果次第で治療食の再検討をするらしいです。
このままずっと
治療食とのお付き合いが続きそうな気配です。

ももの検査では、1時間以上外出することになり
家でひとりぽっちで留守番するにゃあの
寂しげな姿がこちらでございます。
23DFC268-8300-47BB-9C8C-D5BB1DC13ED2.jpeg
写真の真ん中ら辺にいる塊。

ひとりぽっちは、寂しいよね。
でも、連れていけないんだよ。

posted by ひろ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | にゃんずの病気

2019年05月16日

ちょっとずつ悪化?

2ヶ月ぶりにももの血液検査。
ももお初なチョロQ号に乗る。

1FAE9515-658D-4C43-BF55-1D3FA0C2654F.jpeg
期待はするも
期待だけで終わり
2ヶ月前よりもちょっと数値が上がってたバッド(下向き矢印)
ん〜何だろうなぁ。
連休中のリバースが影響してるのかな。
おっとが言うには
ももは体調が悪くなると
毛がボサボサしてくるらしい。
リバースした日もそんな感じだったらしい。
私なんかよりも
ずっとずっと、ももを観察している。
この愛情をももに気付いて欲しいものだ。

薬を飲めば
間違いなく数値は落ち着くだろうexclamation
と、先生はおっしゃったけど
できる限り、薬は使いたくないとのこと。
元気も食欲もあるので
もう少し、治療食で様子を診ることになりました。

一昨年の10月に
危険な状況になってから
もう2年が経とうとしてますが
長期戦ですね。
まずは、ご飯を食べてくれること
が、何よりも安心します。

血液採取の注射針が刺さることは
ももにとってとってもストレスですが
もうちょっとがんばってもらいましょう。

もも、fight パンチ

posted by ひろ at 08:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | にゃんずの病気

2019年03月15日

治療食は続くよ。

ももの血液検査に行ってきました。
1DB26579-524B-4C90-BBCD-96B5971BA008.jpeg
また、チクッとされたよ ( *`ω´)

ももを見るたびに
ももちゃんは目が大きいねぇ
と、にこやかにおっしゃる先生。
こんな動物いますよね?
と言われたよ。
ん〜???と悩み
スローロリスですかね?
一瞬考えて
同意してくれました。
同意してくれてありがとうございます。
また、アホ丸出しの飼い主を
さらけ出してしまった(^^;;

さて、肝心の検査結果。
08E7FD92-03A7-4DBF-9485-204AD3B5B753.jpeg
前回よりは良くなっていました。
ただ、カリウムの数値が低すぎるのは
気になるようです。
この数値だと、元気がなくなるようです。
でも、ももは元気も食欲もあります。
だから、要観察です。
ある程度血液検査の結果が良くなってきてから
このカリウムの数値はあまり良くなくて
常に先生が気にかけています。
で、結局治療食で経過を見ましょう!
ってことで、ももの検査終了っ。

ももと同じような症状の猫ちゃんがいて
検査結果はももより悪いけど
もも同様、元気があるようです。
持病と思うしかないのか?

今日も元気に
にゃあにケンカふっかけてますよわーい(嬉しい顔)


最後に。
猫飼いの知り合いから
猫ちゃんが死んでしまったと連絡がありました。
ちょっと出かけてた間に
死んでしまっていたようです。
まだまだ若くて、病気をしていたわけじゃなくて
突然だったようです。
いつかは訪れる、ペットとのお別れですが
わかっていても辛いものは辛いのです。
どうか、ご家族の皆様のお気持ちが
1日も早く癒えますように。
そして、虹の橋を渡ったナナちゃん
家族を見守ってあげてね。


posted by ひろ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | にゃんずの病気

2019年02月13日

遠い道のり。

2ヶ月ぶりの血液検査。
B425F289-5AA1-4D92-AB0F-FE5347F128EE.jpeg

今回は、にゃあのワクチンもあったので
にゃあもいっしょです。
軽いとは行っても2匹いっしょだと
それなりに重いです。
年末年始のお泊まり以来。
院長先生がお泊まり時の様子を
ちょっとだけ話してくれました。
にゃあとはちょぴっと仲良く
触れ合っていた様です。
ももは、人見知りが激しすぎるので
ご飯も中々食べなかった様です。
隠れられる様なハウスまがいのものを
入れてくれて
ようやく落ち着いた様です。

さて、肝心の診察。
にゃあは、恒例のワクチン接種のみなので
サクッと終了ー(長音記号1)
ももは、今回も血液採取に苦労されてましたが
注射針2本で済みましたふらふら
AD2CE9A3-191D-4FEA-A355-5C3A5E7D379F.jpeg
結果は、肝機能の数値が悪くなってましたがく〜(落胆した顔)
通常食始めてから2ヶ月の検査だったのですが
ん〜通常食を見直さないといけないのかな。
薬は無しで、治療食で1ヶ月様子見。
ものすごーーーく悪くなったわけではないけれど
良好に向かっていただけに残念です。
日常生活が元気いっぱいってだけでは
ダメなんですね。
先生もこの数値なら元気いっぱいでしょうグッド(上向き矢印)
おっしゃいましたよ。

まずは、治療食で数値が戻ることを期待しましょう。
ペースト状の治療食を美味しそうに食べてくれるだけでも
ホッとします。
食い意地娘で良かったと思う瞬間です(^^;;


posted by ひろ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | にゃんずの病気

2018年12月11日

3回もチクっとされた。

かなり冷え込んだ月曜日。
一瞬やめちゃおうかと思ったけど
ももの血液検査に行ってきましたよ。
276BEA9D-036C-4942-AF5F-6D58F1A27E77.jpeg
後ちょっとってところで動いちゃうから
3回も針を変える羽目にバッド(下向き矢印)
ちっちゃくても嫌なことされるので
火事場の馬鹿力じゃないけど
かなりの力で抵抗したので
3人がかりでしたよ目

結局3回目も途中で断念。
でも、3回分を合わせてなんとか検査できる量が
採取できたようです。
暴れたのでいつもより止血も時間がかかっちゃいました。

検査結果は、残念がらオールAには
ならなかったけれど
よくなってきてました。

体重も100g増えて、2.45kg。
にゃあに喧嘩を吹っかけるほどの元気。
夜中に運動会もしちゃうほどやんちゃ姫。
これで、検査結果が悪かったら
ただ単に壊れていってるだけだもんなぁ。

薬も治療食もなしで
もうしばらく様子見となりました。
つぎは、2ヶ月後。
年明けですね。

今日は流石に注射針を3回も刺されたので
家に帰ってからも落ち着かない様子だったけど
にゃあに毛づくろいしてもらって
いつものもも姫に戻りました。
7D6F8038-E8B7-40CF-AA9D-F7B61090A8D1.jpeg

posted by ひろ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | にゃんずの病気

2018年10月31日

もうちょっとがんばろうね。

また、チクッとされたにゃバッド(下向き矢印)
FC7DB7CA-E808-4806-A531-26C8BDED9765.jpeg

ももを捕まえているうちに
にゃあはベットの下に避難ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)
大丈夫、オレ様は留守番ですよ。

血液採取してから
検査結果が出るまで
大体30分。
この30分がドキドキなのです。
怪しくももに話しかけながら
待っていましたよ。

そして、結果がこちら。
50239369-8661-4681-B357-32BE2476D654.jpeg
オールAにはならなかったけど
要観察だけど
通常食に戻しましょうexclamation
うれしいお言葉がグッド(上向き矢印)
と言っても、通常食に戻してから
1ヶ月後に検査が待ってますけどね。
だから、12月中旬頃でしょうか。

食い意地娘が、変なもの食べない様に
私が十分気をつけなくちゃね。

これからもっと寒くなってくるし
留守番の間もあったかく居られるように
してあげなくちゃ。
にゃあとこんな感じにいてくれれば
なんの問題もないけどねるんるん
51328032-2480-4B18-94C9-394FF7F59290.jpeg

1年かけてここまで良くなりました。
後、もうちょっとがんばってもらいましょうパンチ

posted by ひろ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | にゃんずの病気

2018年08月22日

ちょっとずつ良くなってるね。

1ヶ月ぶりの血液検査。
1E185F76-C46F-4A78-B32B-5CDD4816AADB.jpeg
チクッとされたにゃバッド(下向き矢印)

治療食も底をつき
台風接近の前に…と
ももの血液検査に行って来ましたダッシュ(走り出すさま)
毎度の体重測定は、2.4kg目
えっっ、1ヶ月前より 100g増えてる。
なんで、こんなに増えてるんだ???
減ってるよりはいいけど
ちょっと増量過ぎではないかい。

さて、検査結果がこちら。
740E7862-F2A2-41C7-9805-2157B8B9B785.jpeg
先生が一番気にかけている血糖値は
177 → 139 に下がりました。
これでもまだ高い値なんですけどね。
薬を飲んでいても値が下がらなかったのですが
治療食で落ち着いて来たのでしょうか。
いまいち原因がわからなくて
定期的な血液検査と
治療食で様子見が続いてます。
カリウムの値が低すぎるのですが
別に下痢も嘔吐等、ないんですよね。

今回も薬は必要なく
引き続き治療食で様子を見ましょうexclamation×2
ということになりました。
次は、2ヶ月後。
10月下旬ですね。

ももの血液は、首筋から採取してますが
今回採取途中に動いてしまって
やり直しとなりました。
せめて、1箇所だけで済ませてあげたいのですが
2回もチクッと痛い思いをさせちゃいましたふらふら

posted by ひろ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | にゃんずの病気

2018年07月19日

ももの血液検査。

2ヶ月ぶりにももの検査に行ってきました。
暑過ぎて夕方でも連れ出すことを躊躇いますが
車なので大丈夫でしょう。

3FC656BF-C709-43BB-8D28-E0848D1530DF.jpeg
今回も血糖値が高かったですバッド(下向き矢印)
前回より数値が上がっているし。
この病気かな?と思っても
根拠とするべく他の数値が正常値で
確定できず…

体重も落ちるどころか
2ヶ月前より50g増量で 2.3kg。
飼い主同様夏バテ知らずわーい(嬉しい顔)
# 犬猫の体重は、ほぼほぼ人間の
10分の1と思ってくれたらいいです


食欲もあって元気もあるので
血糖値を下げる薬は
ひとまず終了となりました手(チョキ)
食事療法を続け、
1ヶ月の再検査となりました。

不安要素は多いにありますが
薬がなくなるだけでも
もものストレスが軽減されるので
いいことです。
あとは、毎食きちんとご飯を食べてくれれば
今の状態を維持できるので
にゃあとともにこの酷暑を乗り切ってもらわねば。

もも、がんばれっっパンチ

posted by ひろ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | にゃんずの病気

2018年05月11日

つぎは、2ヶ月後ね。

ももの治療が始まって
毎度、院長先生に
これで最後にしたいなぁ…
わたしもです。

CE598BEA-4E6D-4C3A-9413-AC159217CEA1.jpeg

なかなか最後の血液検査にはなりませんね。
血糖値が下がらないんですね。
なんでだろうなぁ。
で、前からきになっていた膵炎の検査もしました。
おかげで、2度も血を採られたももふらふら
結果、先生も嬉しそうに、というか
安心した表情で
膵炎は、陰性だったと報告してくれました。
とはいえ、完治したわけではないので
薬と治療食は続きます。
薬も1種類なのと
わたしも慣れてきて
わたしだけで薬を飲ませられるようになったので
おっとが泊まりの出張でも大丈夫です手(チョキ)

とにかく、余計なものを口にしにように
これからもキッチン周りは特に
キレイにしなくちゃいけませんね。

posted by ひろ at 08:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | にゃんずの病気

2018年04月18日

もも、再び。

調子良かったのになぁ。
本当に…

752C06F4-CE55-4490-889D-DC6DD1358796.jpeg
火曜日の朝、ご飯半分しか食べないし
ちょっと元気がなかった。
食後、2時間もしないうちに
未消化の朝ごはん全て吐いたもうやだ〜(悲しい顔)
はい、病院行き決定exclamation×2

血液検査のための血液採取。
今回はかなり苦戦してました。
たった2kgのももなのに
2人かかりで抑えられてた。
激しく暴れるわけじゃないけど
注射針を刺すからね。
何本無駄にしたことか。

肝機能の数値上昇、
血糖値上昇。
血糖値は、3週間前の時も
正常値ではなく、経過をみていたところです。
先生に甲状腺機能亢進症の疑いがあるかなぁ
と言われたよ。
でも、確定ではないです。

今回は入院の必要はなく
点滴と薬と治療食の処方で済みました。
結構しっかり点滴してもらったのか
行きよりも帰りはずっしり重さがありました。
点滴してもらってちょっと元気が戻ったようです。
夜ご飯も完食できました手(チョキ)

しばらくは、仕事中
猫用カメラから目が離せなくなりましたよ。

posted by ひろ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | にゃんずの病気

2018年04月14日

治療食しゅーりょー。

今朝のごはんで
ももの治療食が終わりましたグッド(上向き矢印)
E9092B97-E9FA-4816-B031-9A5F6EA723EF.jpeg

最近は本当によく食べるようになりました。
ご飯の量はある程度決めてるけど
やっぱり目分量なので
その都度変わっちゃいます。
あぁ、ちょっと多かったかなぁと思っても
完食してましたね。
食い意地娘が戻ってきたってことでしょうかわーい(嬉しい顔)

少し前までは、
食べる量も少なくて
毎回心配してました。
残っているご飯を
手であげると食べてくれてたので
少しでも多く食べさせようと
ももにつきっきりでした。

今夜からは、通常食。
にゃあのごはんと同じものをあげます。
1ヶ月から2ヶ月後くらいに
検査が待ってます。
まだまだ不安で心配が絶えないけれど
春の訪れとともにももの体調も
よくなっているように思うので
このまま順調にいくことを祈るばかりです。

おまけ。
桜の開花とともに
上ばかり見て歩いてますが
足元にも春が訪れてますよ。
AABC295F-361C-4C3D-A8B8-824DA11A7022.jpeg FE35546F-04D2-4B35-AD76-DE2E0815F54D.jpeg

posted by ひろ at 08:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | にゃんずの病気

2018年03月29日

もも、がんばったね。

桜の開花とともに
ももも、ほぼほぼ完治でするんるん
1504DB11-ADFE-4059-9FD2-16342B153C0C.jpeg
よかったね、もも。

2週間から3週間ごとに血液検査してて
病院へ行くキャリーバック見ると
逃げ回るようになっちゃったもも。
ももだけを連れて行くのに
にゃあも避難しちゃってね(^^;;
可哀想になるんだけど
毎度、これが最後になれば…と
期待して連れて行ってるんだよ。

さて、今回の検査結果です。
BCFCECE7-9F86-40EC-B97A-BC0451BC4E9B.jpeg
上が、1月30日分。
下が、3月28日分。
ASTとALTの値を下げることが
重要でした。
血糖値も高かったので
治療食を i/d → m/d に変更し
様子を診ていたんです。
検査結果を待っている間は
やっぱりドキドキでしたが
呼ばれた時の先生の声も顔も
とってもにこやかだったんですよ。

実は、今回の検査結果は期待していたんです。
どこがどういう風にって説明しづらいんだけど
もも、調子いいなぁ。
次は、いい結果が出るなって。
血糖値はまだ高いから
完全な完治ではないけれど
院長先生も安心する結果が出ました。

引き続き2週間、治療食を食べて
通常食に戻してから
1ヶ月から 2ヶ月後に検査をしましょうって
ことになりました。
病院通いも注射針が刺さることも
しばらくは無さそうで良かったです。

ももが拾い食いをしないように
特にキッチン周りはキレイに片付けないとね。
posted by ひろ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | にゃんずの病気

2018年03月11日

ももの経過。

忘れないように
にゃんずの病気のことも
キチンと残してこうと思います。
探しやすく『にゃんずの病気』という
カテゴリも追加しました。

76B348D9-1AF4-429C-9B2E-D6655AE25A17.jpeg
なかなか完治しないももですが
最初の誤飲騒動は、平成27年11月だったかな。
割腹手術…といわれましたが
手術前の血液検査で手術ができないと言われ
どうなるんだろう?と不安でしたが
腸が動き出し、異物は消化され
乙女の体を傷つけることなく
退院できました。
確か、2泊くらいのお泊まりで
済んだと記憶してます。
あの時は、キッチンに転がるニンニクを見て
多分、ニンニクを丸呑みしたんだろうと
結論を出しました。

そして、2度目は去年平成29年10月ですね。
一晩中うろうろして落ち着かない
もものそばで寝ていたのですが
朝方、キッチンのシンクで横たわる
ももの姿は、今でも忘れる事ができません。
発見がもう少し遅かったら…と
思うと、本当に生きた心地がしません。
この時も血液検査の結果から
先生には、何か毒物を食べているはずexclamation
と言われるものの
ニンニク誤飲騒動以後、それなりに
気をつけていたので
何も思い当たる節がない。
観葉植物とかも聞かれたけど
水やりが面倒になっていくので
一切ありません。
原因不明のまま、1週間ほど入院し
通院しながら、1ヶ月ほどで
落ち着いたように思います。

そして、今回の3度目、1月下旬。
この時は、とにかく肝機能の数値が
悪いなんて状況ではなく
今でも、正常値に戻っていません。
先生が言うには、通常50未満のところ
1000オーバーになったから
正常値に戻るのに時間がかかるかも
とのこと。
原因も不明だしね。

転職して、お昼も帰って来られるので
にゃんずの様子を見れることだけでも
ちょっと安心してます。
でも、ただ寝ているだけなのに
床暖でのび〜っと静かだと
息してる?心臓動いてる?
と、不安になります。

治療には、時間がかかりそうですが
ももはがんばってるんだもんね。
そう言えば、にゃあの尿結晶完治も
半年ほどかかったな。
治療食を食べているので
大好きなちゅ〜る〜もあげれないけど
がんばろう、ももちゃん。

血液採取をする先生も
どんどん嫌われちゃうなぁとおっしゃってます。
先生ももものまん丸おメメの虜だと
勝手に思ってます。

posted by ひろ at 11:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | にゃんずの病気